シミ取りクリームランキング

シミ取りクリームランキングです。
MENU

シミ取りクリーム ランキング

 

シミが気になる

 

シミ取りクリームのランキングですが、そもそもシミ取りクリームが効くものと効かないものがあることをご存知ですか?

 

顔のシミって30歳を超えてから目立つようになるため、気になる人も増えてきます。若い頃はお肌の新陳代謝が速いためにシミとしてお肌に残らないのですが、30歳を超えるとお肌が発生したメラニンを処理するスピードが遅くなるため、次第にシミが目立つようになってしまうのです。

 

こちらでは、シミの種類とシミを取りまたはシミの発生を抑える成分を解説し、それらを配合しているクリームを紹介していきます。

 

 

シミの種類

 

老人性色素斑:

 

大量の紫外線をお肌が受けてしまうことが原因でできてしまうシミです。日焼けにより発生したメラニンが蓄積したり、お肌のターンオーバーの乱れにより発生します。

 

炎症性色素沈着:

 

ニキビや摩擦、肌荒れによる炎症が続くとターンオーバーが追い付かずにシミとして残ります。

 

肝斑:

 

30代~50代の女性多く見られ、頬や目の周り、額など左右対称にできるのが特徴です。女性ホルモンの減少により発生するため、妊娠中やピルを服用中の女性に特有の症状です。閉経とともになくなっていきます。

 

雀卵斑(そばかす):

 

幼少期から思春期にかけて顔全体にできる小さく茶色いシミで、遺伝が関係しています。

 

脂漏性角化症:

 

老人性イボとも呼ばれますが、肌表面にできる良性腫瘍です。紫外線、遺伝、老化いずれの要因によってもできますが、がんかどうかを見分けるために医師の診断を必要とします。

 

これら5つのシミの中で、これから紹介するシミ取りクリームの成分が効くシミは「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」「肝斑」です。

 

 

シミに効果的な成分は?

 

これからシミ取りクリームを紹介していきますが、正確に言うとシミを消してくれるクリームとシミの発生を抑えるクリームに分けることができます。

 

シミを消すのに有効な成分

 

ハイドロキノン:

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど、肌にできたメラニンを還元して白くしてくれます。ハイドロキノンは医師が処方するものと市販のものがありますが、市販のものに関しては3%以下であれば副作用は発生しません。

 

ビタミンC誘導体:

 

ハイドロキノンではあまりにも刺激が強いという敏感肌・乾燥肌の人には、ビタミンC誘導体を使ったクリームがおすすめです。刺激の強さはハイドロキノンはビタミンC誘導体の約10~100倍と言われているため、じっくりと治していきましょう。

 

アルブチン:

 

アルブチンは酵素チロシナーゼを抑制して、メラニンの生成を抑え、シミやくすみを防ぎます。あくまでも現状以上にシミやくすみができないようにするのが目的です。

 

トラネキサム酸:

 

トラネキサム酸はシミ、ソバカス、肝斑の改善に用いられる成分です。メラニンの発生を抑制し、肝斑を薄くする効果があります。

 

 

シミ取りクリームランキング

 

シミが気になる

 

これら成分の特徴を踏まえ、以下ではシミ取りクリームのランキングをお知らせします。

 

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

 

ビーグレン

 

ハイドロキノンは刺激が強いと説明しましたが、ビーグレンはハイドロキノンの低刺激化に成功しました。肌表面では独自技術のQuSomeにてハイドロキノンはカプセル化され、肌トラブルが発生している場所でカプセルが取れるため、確実にシミの原因を除去できます。そのため敏感肌や乾燥肌の方もスピード感をもってシミを消すことができます。

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

 

アンプルール

 

アンプルールは新安定型ハイドロキノン配合のクリーム。点と面の美白で、シミのある部分にはハイドロキノンが集中的に浸透し、肌全体にはアルブチン(ハイドロキノン誘導体)がメラニンの生成を抑制して肌本来の透明感を引き出します。

 

プラスナノHQ

 

プラスナノHQ

 

ハイドロキノンの配合割合が4%とかなり刺激が強く、普通肌でシミに悩んでいる人には効果の高さが期待できるクリームです。
こちらも点と面で攻めるとのキャッチフレーズで、プラスナノHQがシミを重点的に除去し、プレスピュアVC25がビタミンCを直接配合してハリとキメのある肌に導きます。

 

オバジHQ ブライトニングナイトセラム

 

オバジHQ ブライトニングナイトセラム

 

ハイドロキノン配合のオバジは独自のナイトコンセントレイション処方で、寝ている間に集中ケア。パーム美容液がケアしたい部分にしっかりとどまります。1度に使う量は非常に少量ですので、1本で長期間使うことができる優れものです。

 

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

 

メコゾーム ブライトニングフォーミュラ

 

海の酵素「マリンプロテインエキストラクト」がターンオーバーを促進してダメージを受けた細胞を洗い流しシミを角層まで持ち上げ除去します。ハイドロキノンではなく産みの酵素を使っているので、敏感肌・乾燥肌の女性にも使いやすいクリームです。

 

 

シミ取りクリームランキングまとめ

 

シミにはいくつか種類があり、レーザー治療を使えないものもあります。ハイドロキノンは刺激の強い成分ですが各社研究をして敏感肌や乾燥肌でも使える製品を生み出していますので、各商品の特徴を見定めながらシミ取りクリームランキング内にあるクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

このページの先頭へ